スヌーズレンのご紹介

スヌーズレンとは

☆1970年代半ば、オランダの知的障害施設から始まった取り組みです。どんなに障害の重い人たちでも楽しめるように、「光」「音」「香り」「振動」「温度」「触覚の素材」このようなものを組み合わせたトータルリラクゼーションの部屋が生まれました。

☆「スヌーズレン」という言葉はオランダ語の「スヌッフレン(クンクン匂いをかぐ、探索)」と「ドウーズレン(うとうとする、くつろぎ)」という2つの言葉からつくられた造語です。

☆現在では、重い知的障害がある人の分野だけではなく、認知症の人々、子供の発達支援など様々な分野へと広がっています。そして、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、北米大陸、世界中の国々にも広く理念と活動が浸透していきました。

☆スヌーズレンは楽しむ事が目的ですが、今までの実践の過程でさまざまな意味と成果がみられています。

光陽園のスヌーズレン

居室にて

感覚刺激に使用している用具

光陽園には、いつでも使うことのできる常設のスヌーズレン室があり、支援員が中心となって活動計画を立て、他のスタッフと協力しながらスヌーズレンを行っています。
私たちスタッフもスヌーズレンの部屋に入ると心地よい音楽や香り・やわらかい光が迎えてくれ、わくわくした気持ちになります。
ミラーボールの光を目で追う人、目をきらきら輝かせてバブルチューブを見つめる人、ウォーターベッドやビーズクッションの振動に身をゆだね眠ってしまう人などさまざまな反応が見られます。いつもはあまり動かない方が光に向かって手を伸ばすなど普段見られない姿も見られ、スタッフに驚きと感動を与えてくれる場でもあります。
その人にとって、心地よい刺激・・・「光」・「音」・「振動」・「香り」を見つけて、楽しんだり、リラックスしたりできる空間作りを目指しています。どの刺激が楽しいのか、嬉しいのか、一緒に過ごすパートナーとして共感することで、さらにコミュニケーションが深まってゆきます。
スヌーズレン室の他にも、スタッフステーションの前にバブルタワーを常時設置しており、心を落ち着かせる空間になっています。また、お部屋から出ることが難しい時などには、プラネタリウムや光のおもちゃなどを利用してお部屋に小さなスヌーズレンの空間を作り、楽しんでいただいています。

  • 短期・長期入所のご案内
  • 求人案内 募集要項・エントリーはこちらをご覧ください
  • 看護師のご紹介 笑顔の絶えない施設を目指しています
  • 生活支援員のご紹介
  • スヌーズレンのご紹介
  • 院内保育室のご紹介

面会について

  • ご家族は、12:00~19:00
  • ご家族以外の方は、ご家族と一緒においでください

交通アクセス

所在地
〒277-0053 千葉県柏市酒井根24
電話:04-7176-7710
FAX:04-7176-7718

交通アクセスを見る

社会福祉法人 創仁会 法人情報